下仁田ファーム 
下仁田ファーム・小金沢農園 小金沢農園 (こがねざわ のうえん)

 ご挨拶――
 
ご来園、ありがとうございます。

私の父は、農家の三男でありながら、農業が好きで始めました。
私は、農家の長男でありながら、家をとびだし、東京で小さいながらも 自分で会社を始めました。

東京のど真ん中で、しかもファッション業界という、農業とはもっとも離れたところにいながらも、                
農家の長男、ということが、いつも私の内部の片隅にありました。

フトしたきっかけから、それが定めのように、私のなかで大きくなり、
会社を休眠して、1年間、いろんなことを考えました。
環境保全的農業とか、これからの農業とか、自分なりに勉強してみました。

そして、’06春より、家業である農業を始めたのです――。

はじめてすぐに、ぶち当たったのが、父の存在です。
私の頭のなかにある農業と、農業というものに過剰なくらい自信を持っている父と、
ときおり、激しくぶつかりました。

また、大地と天然自然が相手ですから、キレイ事では済まないこととか、たくさん出てきました。
振子を大きく振るような決意で望んだ就農でしたが、何度も挫折しそうになりました。
(実際、一度、畑から逃げ出したこともあります)

結局、自分の思い描いていた農業は、自分の思い上がりな部分もあり、
なにひとつ出来ていません。
1年で、やっと全工程を一通り、経験しただけです。

まだまだ修業の身ですが、いつの日か、新しい日本の農業を実現できるよう、
体ごと畑にぶつかっていこうと思います。

               ◇

なにか新しい感覚で農業をとらえてみたいと思っていましたが、
2年目の去年を通して感じたのは、新しいこと(食文化の未来)より、
伝統的なもの(地域文化の継承)に強く惹かれるようになりました。

3年目の今年は、目一杯やります。

               ◇

4年目――。
三年やって、ようやく地に足がついたというか、
作業の流れ、自然のリズムが頭ではなく身体で反応、身についた感じがします。
更なる展開をめざしてがんばります。

               ◇

5年目で思うこと。
「下仁田ねぎぼうず園」、「下仁田葱の日」など、頭のなかのアイディアをすこしづつ実現しました。
都市部の人との交流、地域の人とのつながりなど、帰農した当初には思いもよらぬほど充実して
きました。
農業をまだまだ楽しもうと思います。

                                             

  ※下仁田ファーム・小金沢農園の取材・掲載・紹介された媒体をまとめたページはコチラ。     page top

  トップへ