下仁田ねぎのこと                下仁田ファーム小金沢農園
············································································································
6月、ねぎ坊主
6月:ねぎの花。種のもと
‥栽培について

 『いま無いの? いま』

 私が、就農一年目の6月、渋谷のとある葱料理屋に、下仁田ネギの宣

 伝を兼ねた飛びこみ営業したとき、そこの料理長がいった言葉です。

 私自身も、実際、始めてみるまではあやふやでした。

 ――葱(ネギ)は、冬野菜です。
10月種蒔き 
10月:種まき
 下仁田ネギは、種まきから出荷できるまで、1年とちょっと(およそ14ヶ

 月)かかります。 (9月から10月にかけて種をまき、翌年4月ごろ仮植

 し、7月から8月に本植を行い、12月から翌年の1月にかけて収穫。

 ←左画像を順にご参照ください)

 栽培期間がたいへん長いので、生育の良否はその年の気象条件に大

 きく左右されます。

※現在では、春に種を蒔き、6月に本植をし、10月から出荷というようなお手軽な下仁田
ネギが主流になりつつあります。


11月、芽がでました。 ‥その歴史

 『下仁田ネギは下仁田におけ!』


 
下仁田ネギは、いまから200数十年前より下仁田地方において 栽培

 されていました。
 (発祥の地は、下仁田町西野牧、小出屋)

11月:発芽  江戸時代には、将軍や各国の大名に献上され、(殿様ネギと呼ばれる由縁) 
4月、苗床から、別の畑に植え替えます。
4月:選別+植替え(仮植)

 明治には、万国文化交歓文明輸入博覧会に出品されて、評判
になり、

 昭和には、皇室への献上、明治・伊勢両神宮での奉納農産物品評会

 で連続上位入賞、 など名産としての評価が高まりました。

 増加する需要にともない、群馬・長野両県の農事試験場で栽培試験が

 行われ、
結果、前橋(群馬)では育ちがわるく、長野県では育ちすぎて
7・8月、暑い夏場の植え替えが始まります。
7月:2回目の選別+植替え(本植)

 葉が硬くなるなど、食べ物にはならない――。 

 結局、その中間地点である下仁田に、「下仁田ネギは下仁田におけ」

 ということになりました。


  その後、馬山(まやま)地区のネギ農家が品種改良に取りくみ、約5年
植え替えが済むと中耕作業
8月:本植え替え+中耕

 がかりで、現在の代表的な下仁田ネギ(中ダルマ種)をつくることに成功

 しました。


  ‥機能性とか栄養価とか
9月も中耕作業
9月:中耕作業
施肥

 『へそにネギを貼ると、車酔いしない』という話を、どこかで聞いたこと

 がありますが、たとえば、へそに貼るのがキューリやナス、トマトなどの

 他の野菜だったらどうでしょう?

 “ネギ”だったら、案外やってくれそうな感じがします。
10月、作あげ作業
10月:作上げ (土よせ)

 真偽はさておき、ネギにはそういうところがあり、ネギにまつわる民間

 療法はたくさんあります。

 また、風邪といえば、ネギ! というように、体調をくずしやすい冬場

 にタイミングを合わすように、収穫できる(食卓に届けられる)というの
霜にあてます。
11月:霜にあてます。

 は、(絶妙なほどに)自然の理にかなっているのです。 

 下仁田ネギには、ネギ特有のタンパク質(ミューシン)と、硫化アリルと

 呼ばれる辛み成分(たまねぎを切るとき、涙が出るモト)が、他のネギ

 の約3倍も多く含んでいるうえ、ビタミンB・ビタミンCも豊富です。
出荷が始まります。
12月:風乾、出荷


 【下仁田ネギ・豆知識】

 
下仁田ネギのいわゆる“白根”とよばれる茎のようなところは、
 
 
『葉鞘部』といい、文字通り、刀の鞘のごとくネギの新芽(葉)が

 
収まっています。

            
最新の下仁田ネギの情報は《作業と栽培のキロク》頁をご覧ください。
            
調理方法は《レシピ・ページ》です                        
           ご注文はコチラから、《下仁田ファーム・オンラインショッピング》頁です。
                                                      page top  
トップ・ページに戻ります。